• ホーム
  • 海外製薬会社が製造するラブグラは多量摂取に注意

海外製薬会社が製造するラブグラは多量摂取に注意

ラブグラをインターネットで購入する女性

ラブグラは女性の性的興奮をサポートする薬であり、不感症で悩んでいる人が服用することで改善する期待が持てます。
PDE-5という酵素を阻害することで女性器への血流量を増加させ、性的刺激があった時に反応が高まり、オーガズム不全を解消することを目指せます。
腸から吸収されることで作用が働くため、食事を行った直後の服用では効果があらわれないことがあるので、空腹時や食後1時間程度の間隔をあける必要があります。
アルコールを飲んでいると、持続期間が短くなります。
体質によって、30分から1時間程度効き始めるまでに差があります。
1日100mgまでとし、24時間あけて服用することが望まれる薬です。
水や白湯で服用することが適していて、お茶やジュースなどで飲むことは避けるべきです。
高い効果を期待して多量に服用しても意味がなく、副作用のリスクを高めるだけです。
頭痛やめまいをはじめ、動悸や胃もたれなどを起こす可能性があります。
心疾患があり薬を服用している人は服用を避けるべきで、特に不整脈の薬は併用禁忌薬になっています。
カフェインの摂取も、成分の血中濃度を上昇させてしまうため危険です。
体調が優れない時には、血中濃度を下げるために水分補給を行い、クリニックにて診察を受けたほうが安心です。
ラブグラが製造されているのはインドに本社を置く製薬会社で、インドやシンガポールから発送されます。
輸入により購入する場合は信頼できるショップや個人輸入代行店から買わないと、偽薬など品質が良く無いものを買ってしまう危険があります。
薬の保管は直射日光を避けて湿度が低い場所が好ましく、子供やペットがいる家庭では誤飲しないようにしまっておく必要があります。

関連記事
アーカイブ
人気記事一覧
サイト内検索