• ホーム
  • ラブグラはバイアグラと同じ成分が入っている

ラブグラはバイアグラと同じ成分が入っている

錠剤

ラブグラは女性用バイアグラと呼ばれるように、主成分は同じシルデナフィルを配合しています。
男性の勃起不全を改善するために開発されたシルデナフィルは、血管を拡張する作用を持っていて、男性器の周囲や海綿体へと流れる血液の量を増進させることで勃起を促すようになっています。
ラブグラも同じように、女性器の周囲の血行を良くすることで、膣分泌液の量を増やし、不感症を改善させるものとされます。
女性は更年期障害でホルモンバランスを崩したり、体調やその日の気分によって膣分泌液の量が増減するようになっています。
男性ならその日の調子で勃起できるかどうかといった状態に近く、いくら性的な刺激を受けても膣内が十分に潤わないのが女性の特徴で、性行為の際に性交痛を感じたり、十分な興奮が得られないことで絶頂できないといった不感症に陥りやすくなります。
ラブグラは成分のシルデナフィルが女性器周囲の血行を良くすることで、感度が向上したり膣分泌液の量が増加することで肉体的な性的満足度を高めると言われています。
口コミを見ると、気分が乗らないときでも使用するとパートナーを満足させることができたなどの話を見ることができますが、実はバイアグラの製造元は女性が使用した場合の確認はされておらず、効果は認められていません。
実際にどのくらい効果があるかは使用してみなければ分からないというのが本当のところですが、口コミでも評判が良いので、不感症が改善されるというのもあながち間違いではないのでしょう。
注意点として、この医薬品は媚薬といった類ではなく、性交痛を軽減させたり、不感症を解消させるというものです。
性欲を増進させたり、興奮を強めるといったものはないので、使用目的を間違えないようにしましょう。

アーカイブ
人気記事一覧
  • 錠剤
    ラブグラはバイアグラと同じ成分が入っている 2019年04月08日 閲覧数:5
サイト内検索
最近の投稿