両手の中にある薬

女性用のバイアグラで知られているラブグラが不感症に効果があるという話題を聞かれたことがあるでしょうか。
これは女性用バイアグラであるウーメラのジェネリック医薬品にあたる薬です。
実際にお薬を服用することで、性器周辺の血流を大幅に改善されることが効能としてあげられています。
今ネットの公式サイトでは、実際に性的な興奮障害が治まり不感症も改善したという報告が多くされていることからおすすめできるお薬と言えるでしょう。
しかし、どのお薬にも副作用はあるものです。
ラブグラ以外にも似たような作用を持っているフリバンセリンという薬があり、こちらも性欲を高めることができます。
その代表的な症状には、頭痛の他、体の火照り、鼻のつまり、動悸や胃の不快感、眩暈などがあげられています。
併用して服用することが禁忌となっている薬にはシンデナフィルがあり、組み合わせとしては避けた方が良いと言われています。
また不整脈などで知られているニトログリセリンなどの硝酸剤との併用も禁忌とされているようです。
その他には、日常生活で多用するアルコールやカフェインなどとの相性も良くないことが報告されています。
実際にアルコールはラブグラの血中効果の持続時間を減少させる傾向がありますし、カフェインは逆に血中濃度の増強と関係があることが報告されていますので注意してください。
不感症の改善というメリットも報告されていますが、使い方を間違ったり、禁忌とされるものとの組み合わせで逆効果となることもあります。
長期の保管を考える場合、直射日光の当たらない涼しい場所をおすすめします。
また一日の服用の上限は100mgと決められていることや、次の服用との間隔が24時間あけないといけないことなど最低限守らないといけない事項があります。
効果が薄いからといって多用しないように注意してください。
ラブグラはきめられた事項を守ることで不感症を改善する効果があるお薬です。
女性はラブグラで、男性はバイアグラで夜の悩みを解決しましょう。

記事一覧
錠剤

ラブグラは女性用バイアグラと呼ばれるように、主成分は同じシルデナフィルを配合しています。 男性の勃起...

アーカイブ
人気記事一覧
サイト内検索